トップ / 食べつわりを解消するには

食べづわりを改善!

食べつわりを解消するには

食べるタイミングに注意して!

食べつわりを解消する方法とタイミング

だらだら続く食べつわりを少しでも解消できたらいいなあ…と思う方もいるでしょう。中には時間限定で吐き気やムカつきなどの症状を感じる人がいますが、1日中キモチ悪い方もいるから大変ですよね。生活するのにやっとの場合もと人それぞれです。ここではつらい食べつわりを少しでも解消できる方法や食べるタイミングについてまとめました。

■食べるタイミングに気をつける

いつまでも続く食べつわりを解消するためには、食べるタイミングも重要になってきます。実践すれば太り過ぎを防ぐことにもつながりますのでムリのないように実践しましょう。

【小分けにして食べよう】
まずは1日分の食事を小分けにして食べましょう。1日3食にするのではなくて、5回、6回と分けて少しずつ食べるのがいいですね。空腹になってしまうとつわりの症状を感じてしまう方は多いです。特に食べつわりはマメに食べたくなってしまうので、食べ過ぎないためにもちょこちょこ食べることをおすすめします。

【小さなお菓子を持ち歩く】
一口で食べられるお菓子を持ち歩いて、いつでもどこでも口に入れられるようにしておくと安心です。アメやラムネ、グミなどが持ち歩きにもちょうどいいですね。金平糖や氷砂糖などでも大丈夫です。食べれそうなものを探してみましょう。

【寝る前・起きたときにおすすめ】

まず寝る前に軽く小腹を満たしておきましょう。つわり中の空腹はキモチ悪くなってしまう傾向があるのでおなかを空にしないことが大切です。小さなおにぎりや、バナナなどお腹にたまるものを食べて寝るのがおすすめです。また起きてすぐにキモチ悪くなってしまう方もいるので、枕もとにすぐに食べられるものを用意しておくのも賢い方法ですよ。

寝る前のバナナはとても有効でした。夜中にキモチが悪くなって起きることも無くなって、快適でした。

© Copyright 食べづわりとはいったい?. All rights reserved.